トラックパッドになる未来のキーボード【mokibo】iPadユーザーが使うキーボードの完成版か。

mokibo-keyboard
画像出典:株式会社ユニーク UNIQ CORPORATION
Gadget

Freshman
iPadと組み合わせるキーボードってなにが良いんだろう?

shunZ
「mokibo」というトラックパッドにも使えるキーボードが便利。1台でキーボード+マウス+スタンドとして使えるよ。

mokiboとは??

Bluetoothで接続できるワイヤレスキーボードです。

最も特徴的なポイントは、キーボード表面に80個のセンサーがついており、いわゆるトラックパッドのようにスクロール・ズームイン/ズームアウトがキーボードでできるようになります。

今までiPadでマウスとキーボードを持ち歩いていた方にはかなり使い易いキーボードですね!

個人的にはMacbookを普段使用しているので、

どうにかiPadとキーボード持ち運びだけでMacbookと同じように使えないかと考えていました。。。

ただ、現状ワイヤレスキーボード+マウス+iPadスタンドという3つも持ち歩かなければいけない状況でした。

今回それらがmokibo一つで解決できました!!気持ちいい!!

付属のカバーが使い易い

今回地味なオススメポイントなのですが、キーボードカバーを買っておくとスタンドとして使用でき、iPadを入力し易い角度に設置できます。

持ち運びも楽

カバーでクルッと丸めてキーボード盤面をカバーして持ち運べます。

キーボード自体がコンパクトなのでかなり軽く場所も取らないサイズです。

iPadの2/3くらいのサイズ感です。

デメリットは?

かといってもここはイマイチだなーという点もありました。

microUSB端子での充電が必要

好んでUSB-typeCの機器を持ち歩いているshunZとしては、

どうもここが惜しいポイントでした。

ただ、USB-C to microUSBへ変換できるコネクタを持ち運んでUSB-Cだけの充電ケーブルでなんとか補っております。

1日持ち運ぶ毎に充電が必要

26時間持つようなので1日一回の充電は必要になります。

最大稼働時間を3日以上くらいにしてもらうか、

個人的にはHHKBのように電池で動くのもありかなと思いました。

改善ポイントとして次回モデルに期待したいですね!

まとめ

いかがだったでしょうか。

デメリットもお伝えしましたが、個人的には買って満足の素晴らしい商品でした。

これまで持ち運び様々キーボードを試していた方からすると完成版といえるキーボードだと思います!

Related